タバコは育毛に悪影響

タバコを禁煙して育毛に専念しては!?

育毛にとって良くないことの代名詞ともされているのがタバコです。タバコを吸うと薄毛になり易くなると言われていますから、育毛の為には喫煙を控えるようにした方が良いと言えます。

なぜタバコが良くないのかということですが、一番の理由は血行を悪くしてしまうからです。
血流が悪くなる理由にまずニコチンの存在があります。ニコチンには血管を収縮させる働きがあると言われており、血管を狭くして血液の流れを悪くしてしまうのです。そして血液の流れが悪くなれば毛根にも栄養や酸素が供給され難くなる為に育毛の阻害になってしまいます。特に頭皮には毛細血管ばかりが存在していますので影響を受け易く、喫煙をすれば髪の毛の成長も悪くなってしまうのです。

 

タールや一酸化炭素も血行を悪くする要因。タールは本来ドロドロで粘性のある成分ですので血液中に紛れることによって血液の流れを悪くします。一方の一酸化炭素についてもヘモグロビンと結合して赤血球の数を増やします。そして赤血球が多過ぎるのもドロドロの原因になってしまうのです。こうして血行が悪くなればニコチンの時と同様に毛根にとって悪影響になってしまいます。

 

タバコの害としてはその他にもストレスの増加も挙げられます。タバコを吸えない状態ですといらいらを感じ易くなるかと思われますが、そうした状態になることでストレスを感じます。ストレスは筋肉を硬くする原因になりますのでそこでもまた血行が悪くなるのです。
タバコを吸うだけで血液の流れが悪くなりますので育毛にとっては害にしかならない存在と言えるでしょう。こうした害を無くす為には禁煙しか方法はありません。育毛の為には根本的な体質を改善しなければいけませんから吸わないようにすることが最も大事です。